食器の高さを工夫してみよう🥣

こんにちは☀️

最近急に寒くなりましたね〜

ゆきは私が家にいない間は、私の布団を占領しているそうです(笑)

 

0517C68E-5258-4CE8-9674-6154673A3894

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログでフードの切り替え方をご紹介させて頂きました🍽

今回のブログでは、食器の高さの工夫の仕方について、お話したいと思います!

 

まず食器を置く場所は、体高−10cmの位置が良いと言われています!!

A083C249-3B1A-4024-8191-1BC9D1527AE6

 

 

特に高齢犬になると飲み込む力が衰えてしまうため、頭の位置を高くすることでごはんが飲み込みやすくなり、誤嚥を防ぐことができます。

専用の食器スタンドもペットショップなどで販売していますが、100円均一で購入できる踏み台や、積み上げた雑誌や段ボールの上に食器を置くことで代用できます。

我が家では100円均一で購入した、折りたたみのミニテーブルを使用しています。

またごはんを食べる時に脚が滑って後に退がってしまう子には、脚元に滑り止めのマットを敷くのもひとつの方法です。

ごはんをこぼした時のために、防水機能が付いているマット(滑り止めシートやタイルマット)がおすすめです。

 

気になった方はぜひ試してみて下さい!

 

看護師 松本

2 thoughts on “食器の高さを工夫してみよう🥣

    • こんにちは😊
      お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい🙇‍♂️💦
      猫ちゃんもその高さで問題ないと思います!
      お皿のフチがおひげに当たるのが嫌な猫ちゃんもいるので、口が広くて浅めのお皿もオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です