待たない病院づくり

こんにちは。高橋獣医師です。

IMG_2822

43歳の3児の父になる今日この頃。

寒いのが大嫌いな私には大変不愉快な今日この頃。

移転をおよそ10ヶ月を切り、現在の病院の問題点を解決していこうと日々頭を悩ませている今日この頃。

今回は待たせない病院づくりということで色々な取り組みをご紹介します。

まずは予約制!

こちらは以前のブログにも紹介したので今回はとばします。

次に『いつでもPAY

こちらはあらかじめ専用アプリにクレジットカードの登録をしといてもらうと、病院内で会計せずにお帰りいただけます。

詳しくはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.vetship.jp/owner/

スタッフにあらかじめその旨を伝えてください。診察後、診察券を受け取ってお帰りください。診察当日に明細を登録メールにお送りしますので、承認ボタンを押していただけると精算完了となります。

これを利用すれば、時間予約で診察の待ち時間は短かったけど会計まで呼ばれるのに時間がかかってしまった。。。なんてこともなくなります。実にいいシステム!

※近日中に登録の仕方をまとめてブログに出します。

 

でも、それは薬の処方がない場合でしょ!って思われますよね。

そうなんです、そこをどうクリアするか考え、ふたつの案が生まれました。

 

その1

薬をその日のうちに郵送する!

その日の昼または夜にポストに投函するので2日後には届くと思われます。これならいつもの薬を切らすことなく新しい薬が到着しますね!

しかし、診察当日の夕方、または明日には薬が必要って方もおられますよね。そこで

 

その2

24時間いつでも薬がお渡しができる!

近々、病院前に宅配ボックス(けものみちボックス)を設置します。暗証番号をメールでお伝えしますので、診療外の時間でも取りに来れます。

例えば午前中に診察を受けて、夕方に買い物帰りに薬だけ取りに来られたり、夜の散歩のついでに薬を取りにくることができるようになると考えています。

 

また、コロナ禍で最近多い、『調子はいいのでいつもの薬ください』にも対応できます。会計はいつでもPAYをご利用いただき、薬は郵送またはけものみちボックスに取りにきてください。待ち時間ゼロ!それも家に居ながら完結!

 

移転後にこのサービスを使おうと思ったのですが、早ければ早いほうがいいと思い、急ピッチで進めてきました。

その2のけものみちボックスはまだ設置していませんが、そのほかのシステムは現在使用できますので、是非ご利用ください。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です