しょんぼり顔の病気?

こんにちは!獣医師の大地です。
最近涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。ただし、急に暑くなったり大雨が降ったりと気まぐれな天気が続いているので体調にはお気をつけください。

ところでみなさん内分泌疾患ってご存じですか?
いわゆるホルモンの異常によって起こる病気です。
私たちや動物の体には様々なホルモンが体の調子を整える働きをしていますが、その中でも今月はわんちゃんに特に多い、”甲状腺機能低下症”という病気について紹介したいと思います。

甲状腺とは、喉の部分にある小さな部位で甲状腺ホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンは代謝を促すホルモンで、ワンちゃんでは加齢に伴ってこのホルモンが出にくくなることがあります。これを甲状腺機能低下症と言います。人でも同じような病気があり、”橋本病”と言えばもしかしたらピンとくる方がいらっしゃるかもしれませんね。
ワンちゃんが甲状腺機能低下症になると、なんとなく元気がない、食べる量は変わってないのにだんだん太ってしまう、皮膚にかさぶたができたりフケが増えるなど様々な症状が出ることがあります。中でも特徴的なのは、”しょんぼりした顔をする”です。これは顔がむくんでしまうことによりますが、写真のように、言われてみれば悲しそうな顔をしているように見えませんか?2022-09-30
元気がないのも太ってしまうのも年のせいだと思ってしまいがちですが、実は病気が隠れていることも少なくありません。甲状腺機能低下症は健康診断などで見つけられることもあるので、もし心当たりのある方は雑談程度でも構いませんのでぜひ相談してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です